フォション日本上陸50周年記念
I Love Fauchon! パティスリーコンクール

「I Love Fauchon!」
コンクール 運営規程

以下規程に同意して 応募フォームに進む

応募フォームはこちら

第1条 主催者

フォション株式会社(以下、「主催者」という。)は、2022年9月1日から同年11月2日までを開催期間とする「I Love Fauchon!」と称するパティスリーコンクール(以下、「本コンクール」という。)を開催する。

本コンクールの告知は、2022年9月1日から以下のメディアで実施される予定である。

  1. ウェブサイト
    http://www.fauchon.jp/
    https://aj-macaron-association.jp/
    http://www.valrhona.co.jp/ecole/
  2. インスタグラム
    @instagram.com/fauchon_japan/
    @instagram.com/valrhona_japon/
    @instagram.com/alljapanmacaronassociation/
    その他、協力企業のインスタグラムアカウント

第2条 応募者

本コンクールの参加資格は、満20歳以上の日本在住者とする。但し、飲食業界のプロフェッショナル(シェフパティシエ、セカンドパティシエ、調理師、パティシエ、パティスリー講師など)は参加資格を有しない
また、飲食業従事者、審査員、審査員が所属する企業等の役職員、主催者の従業員、本コンクールの運営に直接、間接を問わず関与する者、及びその親族は、本コンクールに参加できないものとする。
主催者は、必要に応じ、応募者の参加資格確認を目的とした本人確認を行う場合がある。
応募者は、本コンクールの参加申し込みを行った段階で、本規程の順守を無条件で承諾したものとみなされる。
また、決勝進出者は、本人の写真、名前、及び作品の写真等の情報がメディア(インターネット上を含む)で報道されることに同意する。

第3条 審査員

審査員は、本コンクールの応募者と利害関係を有しない者から以下の通り選任される。

審査員の構成:

審査員長
全日本マカロン協会 理事長 小林 眞澄氏
審査員

FAUCHON株式会社 シェフ及びスタッフ
ヴァローナ ジャポン株式会社 会長及びシェフ ファブリス・ダヴィドゥ氏
料理ジャーナリスト 並木 麻輝子氏
エールフランス航空 ご担当者様

審査員は、以下の分担により決勝競技を審判する。

  • 技術審査員: 技術審査員は、競技の進行を図り、本規程の適用を監視する。また、応募者の作業の品質を審査員長に報告する。
  • 試食審査員: 審査の厳正を期すため、試食審査員は、応募者が特定されない状態で作品を試食し、採点する。

第4条 本コンクールの日程

本コンクールは、以下の日程にて開催される。

  1. 開催期間
    2022年9月1日 ~ 2022年11月2日
  2. 応募申込開始日
    2022年9月1日
  3. 応募申込締切日
    2022年10月2日
  4. 決勝進出者発表
    2022年10月11日
  5. 決勝大会開催日
    2022年11月2日

第5条 本コンクールのテーマ

本コンクール応募者は、以下のテーマに基づきオリジナルレシピを考案し、応募作品を製作するものとする。

  1. 本コンクールのテーマ
    「I Love Fauchon!」の表現
  2. レシピ及び応募作品製作に際しての留意点
    ① 6名の試食者を想定したサイズ、分量
    ② 最大サイズ22cm
    ③ パティスリーであれば、分類や形状は問わない
    ④ 応募作品にFAUCHONの食料品を2品目使用すること(必須)
    ⑤ 応募作品にVALRHONAのチョコレートGuanaja70%またはIvoire35%を使用すること(必須)
    ⑥ 応募作品の色付けには、FAUCHONカラー(黒、白、マゼンタ)を使用することが推奨される
    ⑦ 応募作品の写真を撮影する際には、応募者が自前の食器に盛り付けを行うこと

第6条 決勝進出者の選考

決勝進出者は、応募者が自身のInstagramでハッシュタグ「#fauchonjapan」を付して投稿した作品の写真と、応募フォームに添付されたレシピを主催者が審査し、決勝に出場する4名の応募者を選考する。 応募申込みの期限は、2022年10月2日24時とし、応募者は、同日時までにウェブサイト「フォション日本上陸50周年記念 I Love Fauchon! パティスリーコンクール 応募フォーム」 上で応募申込みを完了する必要がある。
決勝進出者へのみ主催者から2022年10月11日中に電話及びメールにて通知する。なお、主催者は決勝進出者の選考経緯及び結果にかかる質問には回答しない。
決勝進出者4名の選考結果、及び選考過程等は、主催者らが運営するソーシャルネットワークへの掲載の対象となることに応募者は同意する。
主催者は、応募されたレシピが本規程に沿い、書類が完全に揃っていることを前提に、以下の採点基準に則って決勝進出者を選考する。

決勝進出者選考の採点基準

採点項目 配点
外観の美しさ 35
独創性と創造性 20
盛り付け(テーブルコーディネート) 15
レシピの内容 15
使用される食材 5
作品の画像(ステージング、照明効果等も含む) 10
合計 100

上記採点による上位4名の応募者が決勝進出者に選出される。なお、決勝競技に選出された応募者のうち1名が辞退した場合、補欠として2名を選出する。
決勝進出者が出場を辞退する場合、遅くとも2022年10月18日24時までに、受領確認が可能な書留郵便で主催者に通知する必要がある。
決勝進出者4名には、練習用としてFAUCHONとVALRHONA製品を(レシピに応じて応募作品製作に必要な数量を)主催者の判断に基づき提供する。

第7条 決勝大会

決勝大会開催の要項は以下の通りである。

  1. 開催日時
    2022年11月2日 10:00 ~ 17:00

  2. 開催場所
    エコール・ヴァローナ 東京
    東京都千代田区九段南二丁目9番4号

  3. 事前見学
    決勝進出者は、決勝大会前日(2022年11月1日)の15:00~16:30の間に限り、厨房を事前見学し、また決勝大会のために持参した機材や原材料等の保管を委託することができる。

  4. 交通手段
    決勝進出者は、各自の費用負担による交通手段にて来場するものとする。

  5. 原材料の持参
    決勝進出者は、作品製作に必要な全ての原材料を持参しなければならない。
    但し、主催者から提供される以下の製品は除く。

    ① 中沢乳業
    • クリーム 脂肪分35%
    • マスカルポーネ
    • 牛乳
    • 無塩バター
    ② ヴァローナ
    • チョコレートGuanaja70%、Ivoire35%(テンパリング済、デコレーションに即使用可)
    • チョコレートGuanaja70%、Ivoire35%
    ③ FAUCHON
    • 決勝進出者が提出したレシピに記載されたFAUCHONの商品

    なお、決勝進出者が持参する原材料は、未調理の状態であることが求められるが、ビスケットやクルスティアンについては、事前調理を認める。
    また、作業に必要な小型の機材、盛り付けのための食器類については、決勝進出者が各自持参することとする。

  6. 原材料等の検査
    技術審査員は、決勝進出者が持参した原材料を検査し、以下に該当する場合には、厨房への搬入を認めない場合がある。
    ① 事前に提出されたレシピに適合していない場合
    ② 主催者が提供する原材料と同一のものである場合。
    ③ 持参した原材料の量が過剰である場合。
    ④ 搬入が許可される小型の機器以外の機器。

  7. 作業時間
    決勝大会の作業時間は4時間とし、決勝進出者は制限時間内に、事前に提出したレシピに基づき、レシピと同一の作品を製作しなければならない。なお、作業時間は厳守が求められ、規定時間を3分以上超過した者には50点の減点、5分以上の超過には失格処分が課せられる。

  8. 主催者の補助
    決勝大会では決勝進出者は一人で作業しなければならない。但し、主催者の係員は決勝進出者のために、決勝進出者が作業に必要な機器を探し、当該機器の使用方法を説明し、また原材料を探すための補助を行う。しかし、決勝進出者は当該係員に作品の製作にかかる作業を依頼してはならず、依頼した場合には失格の対象となる。

  9. 決勝の採点
    ① 決勝大会における採点基準及び配点は以下の表の通りである。

    採点の基準 配点
    技術の習熟度 30
    提出したレシピの遵守 10
    生地の焼上げ具合 20
    食感 25
    FAUCHON製品の活用 40
    独創性 25
    カットの調和 15
    作品のプレゼンテーション 35
    合計 200

    ② 決勝順位は、決勝大会選出時に獲得した得点(100点満点)と決勝大会での獲得得点(200点満点)の合計点(300点満点)により決定される。
    ③ 同点の場合には、審査員長の獲得得点が多い者を上順位とする。
    ④ 採点の結果は、同日夜に発表され、レセプションの場で受賞者を表彰する予定である。

  10. その他留意事項
    ① 決勝進出者は、作業しやすい服装(靴は靴底が平坦で滑りにくいものが推奨される。)を着用して来場すること。(なお、エプロン、コック帽、布巾類は主催者から提供される。)
    ② なお、作業に際しては、作業場を整理整頓し清潔な状態を維持すること、また他の参加者の作業を妨げないように留意すること。
    ③ 作業を終えた決勝進出者は、直ちに厨房を出て、指定された控室に移動しなければならない。
    ④ 主催者は、決勝の進行状況を撮影し、撮影された画像または動画を出版物、報道媒体、インターネットメディアで使用する権利を有する。また、決勝進出者は、決勝大会開催中、会場において写真を撮影されること、インタビュー等に回答することに同意する。
    ⑤ 審判員は、決勝大会開催中に本規程に違反した決勝進出者を、審査員長と協議の上、失格とする権利を有する。

第8条 賞品

決勝進出者には、その順位に応じた賞品と、決勝に参加したことを証明するディプロムが授与される。 賞品は、以下の通りである。

第1位
エコールFAUCHON(フランス共和国 ルーアン)でのパティスリー研修参加資格

  1. 賞品には、以下の費用が含まれる。
    往復の航空券費用(空港税、燃油サーチャージ費用を含む)
    研修期間中のホテル滞在費用
    旅行保険、本国送還保険 保険料
  2. 賞品には、以下の費用は含まれない。
    受賞者の自宅から出発空港(東京)までの交通費
    宿泊税
    ビザ及びパスポートの発行費用
    移動中及び研修期間中の個人的支出(チップを含む)
  3. 出発地と帰国地は東京に限定される。
  4. 本賞品の権利は付与されてから12カ月以内(2023年11月2日までに)行使しなければならない。
  5. 免責事項
    旅行の受賞者及び同伴者は、自国からの出入国に関するすべての税関要件を満たし、海外滞在の全期間及びその後最長6か月間にわたって有効な機械読取式パスポートを所持している必要がある。この点、受賞者及び同伴者は、訪問した地域に入国するためのパスポートの有効性を確認し、場合によっては、自費でビザを取得する手続きを取らなければならないと規定されている。主催者は、受賞者またはその同伴者が、行政上の問題(特に、ビザの取得拒否や遅延など)により、旅行中に訪問国の領土に入国できない場合でも、その責任を負わないものとする。
    また、受賞者及び同伴者は、健康状態が良好で、航空機での旅行に必要なすべての医療要件を満たしていることも、滞在に必要な予防接種を受けていることも条件となる。
    さらに、滞在の全期間中にわたって有効な民事賠償責任保険に加入しなければならない(自らが責任者または被害者となりうる身体的損害-自然人が被る身体的損害及びそれに伴う損害-、責任者または被害者となりうる物質的損害-物体または物質の損害、破壊、変更、損失または消失、及び動物の身体的損害を含む-)。受賞者による宿泊の取り消しは、宿泊の払い戻しや延期の可能性はなく、いかなる種類の補償の付与もなく、最終的に宿泊の権利を喪失することになる。この旅行は、譲渡も、交換も、払戻しも、延期もできない。また、旅行代理店によって予約された後は、変更も、払戻しもできない。

第2位 「フォションホテル京都」宿泊券

  1. フォションホテル京都宿泊券2名様1泊分
  2. 以下の食事が提供される。
    ホテルのレストラン「グラン カフェ フォション」での夕食(2名様)
    ホテルのレストラン「グラン カフェ フォション」での朝食(2名様)
    ホテルのレストラン「グラン カフェ フォション」でのランチ(2名様)
    ホテルのサロン ド テでのアフタヌーンティー(2名様)
  3. ホテルまでの交通費、及び食事中の飲料の費用は含まれない。
  4. 本賞品の権利は2023年11月2日までに行使しなければならない。

第3位 500ユーロ相当のFAUCHONのクーポン券
第4位 200ユーロ相当のFAUCHONのクーポン券

  1. 本クーポン券は、以下の店舗にて利用できる。
    日本全国のFAUCHON直営各店舗にて
    パリのFAUCHON直営各店舗にて
    パリ=シャルル・ド・ゴール空港内のFAUCHON直営店舗
  2. 本クーポン券の利用期限は2023年11月2日までとする。

第9条 参加者の遵守事項

本コンクールの応募者は、本コンクール参加に際して、本規程及び本コンクールに関連して定められた諸要件を遵守しなければならない。
本コンクールで使用される「ロゴマーク」、「商標」、「ドメイン名」ならびに知的所有権あるいは工業所有権の保護対象となる著作物(以下総称して「著作物」という。)の所有権は、独占排他的に主催者に帰属することから、本規程により認められている場合を除き、応募者は当該著作物の全部または一部について複製、再現その他の利用等を行ってはならない。
なお、決勝進出者は、提出したレシピについて、決勝大会開催日から18カ月の期間において、主催者が当該レシピに追記、あるいはその一部の修正を行った上で、決勝進出者の氏名を付して、以下のメディアにて公表することに異議なく同意する。

  1. マスメディア
  2. ウェブサイト
    http://www.fauchon.jp/
    https://aj-macaron-association.jp/
    http://www.valrhona.co.jp/ecole/
  3. インスタグラム
    @instagram.com/fauchon_japan/
    @instagram.com/valrhona_japon/
    @instagram.com/alljapanmacaronassociation/
    その他、協力企業のインスタグラムアカウント

加えて、決勝進出者は主催者が、その事業目的(広告宣伝、広報)のために、上記の期間において、決勝進出者の氏名、画像、レシピ(応募時に提出したレシピの画像を含む)等を使用し、公開すること、当該使用及び公開は日本国内のみならず全世界を対象として実施される可能性があること、また、当該使用または公開に伴ういかなる経済的利益の請求も主催者に対し行わないことに異議なく同意する。
応募者は、応募者が単独で上記の同意を行う権限を有していること、また当該同意により、いかなる第三者の権利も侵害しないことを主催者に対し、表明し保証する。
上記表明保証に違反した場合には、主催者は任意に応募者の応募資格、または受賞資格を取り消すことができ、当該取り消しに伴い応募者は受賞により得た経済的利益の対等額を弁済する義務を有する。なお、当該取り消し、あるいは応募者による弁済は、主催者による損害賠償の行使を妨げるものではない。
また、応募者は、応募者が就業者である場合に、応募者と当該応募者の雇用主との関係において、応募者が本コンクールに参加し、また上述の応募者情報の使用及び公表に対して主催者が何らの制約を受けないことについても表明し保証する。

第10条 応募者の本人確認等

応募者は、主催者の請求に応じて本人確認情報等の提供を行わなければならない。特に、決勝進出者については、本人確認情報等で提供された住所地に実際に居住していることを要する。
本人確認情報等に虚偽があった場合、あるいは本人確認情報の偽造等により、同一人物が複数回の応募登録を行った場合には、当該応募者の応募を無効とする。

第11条 不可抗力

主催者は、天災、戦争、暴動、騒乱、労働争議その他の不可抗力により、本コンクールの短縮、延長、変更、延期、中止を行う権利を留保する。主催者は、これらの実行に関して一切の責任を負わない。

第12条 本規程の運用及び解釈

本規程の解釈に疑義が生じた場合、また本規程によって明示されていない事象が発生した場合には、適宜かつ任意に主催者が決定し、運用に供するものとする。

第13条 個人情報の保護

主催者は、応募者の個人情報を、本コンクールの運営のために使用し、法令等により開示を求められた場合を除き、第三者に開示しない。また、応募者の個人情報は、本コンクール終了後12か月経過時点で削除される。
なお、応募者の個人情報の閲覧は、主催者の権限を有する者に限定されており、当該担当者は、職務に必要な情報のみに閲覧することができる。但し、主催者は、上記の利用目的のために必要な範囲内において、応募者の個人情報の全部又は一部の管理を主催者と同様の管理義務を課した業務委託先に委託することがある。

以 上

規程に同意して 応募フォームに進む

応募フォームはこちら